テーマ:インテリアデザイン

フィン・ユールの1941年の作品 ポエト・ソファー

デンマークの家具デザインを世界に知らしめた功労者であり、有名な建築家でもあるフィン・ユールの1941年の作品、ポエト・ソファー。 このソファは、当時デンマークの新聞で連載されていた人気のマンガの主人公「ポエト」からとられています。フィン・ユールの家具は、制作の難しさから当時は量産は不可能と言われていましたが、製造技術の向上により2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルコランプ

アッキーレ&ピエルジャコモ・カスティリオーニ兄弟の作品“アルコランプ”です。 このフロアランプは当時、天井から吊るす方式ではなく、どうやってテーブルの上を照らすランプを作るかの問題を解決するために、1962年カスティリオーニ兄弟が考案しました。 贅沢にも大理石のベースから美しいステンレスのポールが伸びており、アルコ=アーチを描く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BIOLITE EON (バイオライト エオン) デスクライト

ヤマギワと林原生物化学研究所が共同開発した目に優しいデスクライト「バイオライト」。発表以来ユーザーの高い信頼を得てきましたが、光の機能をそのままに、エクゼクティブのデスクにふさわしい、ハイレベルなデザイン性と機能をもった作品となりました。デザインは有機的な作品で知られる英国のデザイナー、ロス・ラブグローブ。「永遠(地質学の単位で10億年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TAKUMI DNACD-rack

山田佳一朗デザインによる、生物の形にもっとも近いCDラック。DNAを髣髴とさせる近未来型デザインが、空間をおしゃれに演出。2個一組ですので、別々においても、二つ組み合わせても素敵です。自由にあなたの空間を演出してください!お部屋が一気にデザイン化される、おすすめの一品です。 「はねるのトびら」グッズ 絵本と絵本グ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北欧モダン デザイン & クラフト

ドイツに隣接するデンマーク、海峡を隔てたスウェーデンとノルウェー、ロシアの影響も受けてきたフィンランドは、風土と文化が異なる国々。これらの地域を、総称して「北欧」と呼びます。デザインに対するアプローチでは共通認識で結ばれ、独自の優れた造形を築きながら、豊かなライフ・スタイルを育んできた。 伝統、機能、表現――三つの視点から「北欧モダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャールズ&レイ・イームズデザイン

モダンデザインのパイオニアとして活躍したチャールズ&レイ イームズ。このソファはチャールズが亡くなったあと、1984年にデザインされたチャールズ&レイ イームズの最後の家具として発表されました。現代感覚を先取りしたデザインが特徴的なソファは、2次元曲面の成型合板と革張りのクッションの融合から生み出される温かく包まれるような座り心地。贅沢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャールズ&レイ・イームズデザイン CTWテーブル

ミッドセンチュリーモダンの巨匠チャールズ&レイ イームズがデザインしたCTWテーブルになります。素材にプライウッドを用いることで曲線を美しく見せております。そして天板が薄く円形に窪んだ局面が特徴のこのコーヒーテーブルは素材にプライウッドを用いて三次曲面の成型を大量生産できるように改良したことがチャールズ&レイ イームズ最大の功績といわれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ル・コルビジュエの作品“LC4シェーズロング”

20世紀最も偉大な近代建築の巨匠 ル・コルビジュエの作品“LC4シェーズロング”。パイプフレームが描くなめらかな曲線と、座と背が身体のラインに沿うようデザインされた人間工学によるライン、この2つの対象的な「線」の結合が体にフィットする伝統的なリクライニングチェア。 海外自由旅行のグローバルトラベルオンライン! …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ハーマンミラー製/ノグチコーヒーテーブル

1939年・彫刻家イサム・ノグチがデザインした名作テーブルはハーマンミラー社で生産されております。現在日本では入手できないアイテムとなりますが、アメリカでは現在も生産されております。19mmの強化ガラスと滑らかなフォルムの木のレッグから出来ていて、まるで彫刻のようなこのテーブルは機能性にも優れている永遠の名作となります。 詳細…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

内田繁さん紫綬褒章受賞

春の褒章の受章者749人と11団体を発表。 芸術文化やスポーツ、学術研究の分野で活躍した人を対象にした紫綬褒章にはインテリアデザイナーの内田繁さんら29人が受章。 内田さん以外の紫綬褒章の芸術文化分野の受章者は以下。(朝日新聞) 北大路欣也(俳優)、市村正親(俳優)、本條秀太郎(三味線演奏家)、竹山洋(シナリオ作家)、市川団十…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

クアトロクアルティ(4パーツ1セット)

Quattro Quarti(=イタリア語で「4分の4」の意)”というネーミングの通り、このテーブルは円を4分割にしたパーツで構成。 付属のジョイントを使って連結する構造となっており、横に並べたり、縦に積み重ねるなど、自由な発想で楽しめます。 数年前はヴィンテージアイテムとして10万円前後で取引されておりましたが、丁度3年前に100…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャールズ&レイ・イームズデザイン

モダンデザインのパイオニアとして活躍したチャールズ&レイ イームズ。 このソファはチャールズが亡くなったあと、1984年にデザインされたチャールズ&レイ イームズの最後の家具として発表されました。 現代感覚を先取りしたデザインが特徴的なソファは、2次元曲面の成型合板と革張りのクッションの融合から生み出される温かく包まれるような座り心…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ジャポニスムのテーブルウエア

ニューヨーク在住の実業家デイヴィー夫妻が長年かけて収集した膨大なコレクションより、19世紀末欧米で日本文化の影響のもとに制作された装飾美術品を世界に先駆けて紹介。 「日常生活のなかで実際に使われたジャポニスム作品」という着眼点から集められたこのコレクションは、アイテムのバランスやコンディション、コレクションとしての美的統一感など、あら…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

07年度グッドデザイン賞

07年度のグッドデザイン賞の応募受付を4/17から開始する。 07年度は審査委員長に建築家の内藤廣さん、審査副委員長にインダストリアルデザイナーの奥山清行さんとデザインジャーナリストの森山明子さんを迎えた新体制になる。グッドデザイン・プレゼンテーション2007(GDP2007)は8/24~26、受賞発表は10/1、グッドデザイン大賞選…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MUJI」ブランドの新店舗

良品計画は、同日開業予定の「東京ミッドタウン」内に「MUJI東京ミッドタウン」をオープンする。同店は「無印良品」の国外店舗としてイギリスなどで展開する「MUJI」ブランドの国内初店舗。通常店での取扱商品に加え、家具30アイテムやホームウエアなど商品約190アイテムを新たに取り揃えるほか、家具のサイズオーダーやコーディネート販売などを行う…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

芸術選奨文科大臣賞

文化庁は、06年度の芸術選奨文部科学大臣賞と同新人賞の受賞者を発表。 文部科学大臣賞にはアートディレクターの北川フラムさんら17人、同新人賞にはデザイナーの吉岡徳仁さんら10人が選ばれた。受賞者は以下(敬称略)。 ◆文部科学大臣賞 【演劇】小池修一郎(演出家)、塩津哲生(能シテ方)、【映画】中島哲也(フィルムディレクター)、根岸吉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリアンデザイン キューブソファー

イタリアンデザインのキューブソファ。 独特のデザインは座る人に最高のくつろぎを与える。素材には心地よい手触りの上質ファブリックを採用しており快適なクッション性と合わさり、贅沢な座り心地を与えてくれるソファ。少し低めのワイドデザインも、その座り心地を与えてくれる。個性的なデザインはお部屋の雰囲気を変える存在感をもっていると言える。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深澤直人デザイン

深澤直人が手がける家電ブランド「±0」の加湿器「Humidifier」が、ニューヨーク近代美術館(MoMA)のパーマネントコレクションに選定された。プラスマイナスゼロの製品が同美術館の永久保存作品に選定されたのは今回が初。深澤さんにとっては、無印良品のCDプレーヤーをはじめ、KDDIの携帯「INFOBAR」と「neon」に次ぐ快挙。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アルネ・ヤコブセン エッグチェア

デンマークのモダニズムをリードした建築家 アルネ・ヤコブセン。1927年にデンマーク王立芸術アカデミーを卒業した、デンマークの建築・デザインの第一人者です。1929年に 未来の家 のコンペで当時の先端を行く円盤型住宅を発表し注目を集めます。エッグチェアは、コペンハーゲンのSASロイヤルホテル設計の際にデザインされました。その名のとおり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柳宗理-生活のなかのデザイン-

展覧会では、1950年代から60年代にかけて戦後のインダストリアル・デザインを先駆的に開拓した、柳宗理デザインの確立を示すとともに、国内外で現代性が再認識されている優れたデザインを紹介。 東京国立近代美術館 http://www.momat.go.jp/Honkan/Sori_Yanagi/index.html 柳宗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more