テーマ:画家

山口薫展

パリ留学より帰国した1933(昭和8)年、画家・山口薫(1907-1968)は世田谷・上北沢にアトリエを構え、60歳にて他界するまでの35年間を過ごしました。その間、戦前から戦後にかけて、「自由美術家協会」や「モダンアート協会」を立ち上げて、日本の洋画壇の変革期にその一翼を担い、同時に西洋からの影響を超えて、日本の風土に根ざした独自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェルメール展

フェルメールが発する光は、観る人の眼から入り胸の奥の幸福の扉を照らしだします。西洋美術史上、最も才能溢れる画家、三十数点しか現存しない作品により謎のベールに包まれた画家、ヨハネス・フェルメール。350年以上の時を経て、いま世界中で最も熱く高い脚光を浴びています。 独特な光の質感と知的なタッチで人を魅了する絵画の中で、とくに評価の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンリ・ミショー展 ひとのかたち

画家であり詩人であるアンリ・ミショー(1899-1984)は、20世紀の芸術に独特な位置を占め、多くのアーティストにインスピレーションを与え続けてきました。彼の作品は常に、流れるような運動感を帯び、エネルギーの奔流に満ちています。そして、その中にはいつしか無数の人間の姿が浮かび上がるのです。初期から晩年に至るまでの代表的作品約60点によ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

若冲展 釈迦三尊像と動植綵絵120年ぶりの再会

開基足利義満600年忌記念として「若冲展 釈迦三尊像と動植綵絵120年ぶりの再会」を開催いたします。 本展では、近年注目を集める「奇想の画家」伊藤若冲の分蔵されていた最高傑作「動植綵絵」(宮内庁三の丸尚蔵館蔵)と「釈迦三尊像」(相国寺蔵)全33幅がおよそ120年の時を超えて再会します。また、「葡萄図襖絵」(鹿苑寺蔵)や新発見作品など…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more