テーマ:イラスト

男鹿和雄展

男鹿和雄(おがかずお 1952年秋田県生まれ)は、アニメーション美術という仕事において、その作品の舞台となる背景画を数多く描き続けてきました。 特にスタジオジブリ作品では、「となりのトトロ」(1988年)の美術監督として初めて参加。 昭和30年代の日本の澄んだ空気を鮮やかな色彩で表現し、かの名作を生み出す重要な役割を担いました。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

世界の絵本がやってきた ブラティスラヴァ世界絵本原画展

ブラティスラヴァ世界絵本原画展は、1967年よりスロヴァキア共和国の首都ブラティラヴァで2年1度開かれている、世界最大規模の絵本原画展です。日本でもよく知られているボローニャ国際絵本原画展が新人作家の登竜門であるのに対し、ブラティスラヴァ世界絵本原画展では各国のベテラン作家の作品が一堂に会し、個性を競い合います。 2002年、200…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵本ナビShop

◆絵本と絵本グッズの専門店◆大人も子どももハッピーになれます◆ ☆年齢別のおすすめ絵本をはじめ、お気に入りの1冊が見つかります。 ☆リサとガスパール、はらぺこあおむし他絵本発キャラグッズ満載! ☆絵本好きなら必見です!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラティスラヴァ世界絵本原画展

ブラティスラヴァ世界絵本原画展は、1967年よりスロヴァキア共和国の首都ブラティラヴァで2年1度開かれている、世界最大規模の絵本原画展です。日本でもよく知られているボローニャ国際絵本原画展が新人作家の登竜門であるのに対し、ブラティスラヴァ世界絵本原画展では各国のベテラン作家の作品が一堂に会し、個性を競い合います。 2002年、2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国際漫画賞

麻生太郎外相の肝いりで外務省が新設した「国際漫画賞」の受賞作が決まった。最優秀は香港在住の李志清さんによる、春秋戦国時代の兵法家・孫子の生涯を描いた「孫子兵法」(原題「孫子攻略」)。奨励賞には豪州、マレーシア、香港の作家が選ばれた。麻生外相は漫画好きで知られ、「漫画のノーベル賞のようなものにしたい」と意気込んでいる。 【絵本ナ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ディズニー・アート展

2005年、45年もの長い眠りを経て千葉大学で発見された、と発表のあった初期ディズニーアニメーションのオリジナル画群と、門外不出の米国ディズニー本社のコレクションが、時空を越えて出会うディズニー史上最大規模のアニメーション美術展です。約500点のオリジナル画は、米ディズニー本社スタッフとスタジオジブリの協力によって選ばれました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウォーホル作品

クリスティーズは、アンディ・ウォーホルの「グリーン・カー・クラッシュ」(1963年)が米NYで競売にかけられ、7172万ドル(約87億円)で落札されたと発表した。ウォーホル作品は昨年11月に落札された毛沢東の肖像画(1,740万ドル)が最高だったが、大幅に高値を更新した。 www.shirtcity.co.jp 世界に一つだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「コミックヨシモト」

吉本興業は、漫画誌「コミックヨシモト」を6/19に創刊すると発表した。毎月2回発行するもので、所属芸人の島田紳助さんや桂三枝さんらが原作などに参加する。創刊号と創刊2号には、芸人のコントを収録したDVDを特別付録として付ける。320円。 はねトびグッズ 芸能人・有名人ブログランキング 新商品&お値打ち情報満…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月に「国際漫画賞」が創設

海外で活躍する外国人漫画作家を顕彰する「国際漫画賞」が創設されることになった。実行委員長は「漫画好き」で知られる麻生太郎外相。一般公募と国内外の出版社による推薦で候補を集め、6/22に漫画家の里中満智子さん、やなせたかしさん、ちばてつやさんらが選考。優秀作品に「国際漫画賞」などを贈呈する。授賞式は7/2。 絵本と絵本グッズの専…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

黒区美術館開館20周年記念展 原マスミ大全集!

ミュージシャン、詩人、ナレーター、イラス トレーター、絵本作家…幅広い才能で知られる原マスミ。今回は、その多様多彩な活動の中から、「イラストレーター」としての仕事に着目、 初期作品から本展のための新作まで、代表作約300点で彼の画業の軌跡を辿ります。 『メゾネット(バケツ)』この展覧会は、原マスミの絵画作品に焦点をあて、改めて、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤城清治 光と影の世界展

光と影で表現する絵画「影絵」を芸術の域にまで高めた藤城清治。 黒と鮮やかな色彩とのコントラストが美しい作品は、モダンでありながら、幻想的な雰囲気をかもし出しています。 作品に登場するこびとが見る者をメルヘンの世界へいざない、親から子へと世代を超えて、多くの人々を魅了しているのです。 本展覧会では、作家本人が所蔵する作品を中心に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「星の王子さま」の挿絵原画

山梨県北杜市の「えほんミュージアム清里」が所蔵する水彩画が、サンテグジュペリの「星の王子さま」の挿絵の原画である可能性が高いことが分かった。 薄い便せんに描かれた絵で、王子が地球に来る前に立ち寄った、実業家が住む星の様子。「星の王子さま」の挿絵は47点あるが、原画とされるものは、海外でも数点しか見つかっていない。 4/25から東京・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生命のうた 永井一正版画展

日本を代表するグラフィックデザイナーとして活躍を続ける永井一正氏。90年以降は表現を大きく変え、動物をテーマに、手描きの細密描写による 「LIFE」 シリーズを発表。 この4年程はエッチングによる版画制作に挑戦し、終生のテーマでもある生命を、緻密かつ繊細な線で、瑞々しくのびやかに描いている。 今回の展覧会では、近年制作した 「LI…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロブ・ゴンサルヴェス「夜の飛行」

カナダの画家、ロブ・ゴンサルヴェスが描いた絵。 「夜の飛行」では、夜ベッドに集まった子供たちが描かれてる。チェック模様のシーツが、なんとまだらの畑に変化。この作品をみて昔演劇等で見たピータパンを思い出してしまったw 絵本と絵本グッズの専門店【絵本ナビShop】 「愛している」想い伝えたい。てれる言葉も絵本でなら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮崎駿監督 「崖の上のポニョ」

宮崎駿監督の08年夏公開予定の新作映画が発表された。 タイトルは「崖の上のポニョ」で、人間になりたいと願う金魚の姫ポニョと、5歳の男子・宗介の物語。 スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーは「“宮崎駿版・人魚姫”のようなイメージ」と話した。 宮崎監督にとっては、04年の「ハウルの動く城」以来の劇場公開作となる。 【絵本ナビ】…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

~ 南仏アーティストによる日本遠望、二人展 ~

南仏Aix-en-PROVENCEで活動する日本人アーティストCOKLICO、フランス人イラストレーターJacques RISTOの二人展を開催。 フランス人としての視点から描く日本の風情、フランスに住む日本人として、新たな視点から遠望する日本文化、懐かしさをデッサン、古着物地によるコラージュなど、それぞれの表現で発表。 又、RIS…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川口奈々子 “Melting point”

川口奈々子は、作品の制作において重要なことは自分自身の世界を常に往復することだと言います。 それは、ドローイングをトレースし、形を徐々に変化さ せ、線をつなぐことを繰り返すことにより、新しいイメージが出現する瞬間を模索することです。 川口の作品には具体的な物語や意味は存在しません。 トレーシングペーパーにモチーフを重ね合わせていく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「蟲師」展

映画「蟲師」展 ― 大友克洋 : 幻想と神秘の世界 ― 映画「蟲師」の公開を記念して、より深く「蟲師」の世界を体感・共感していただける展覧会を企画。 展覧会では、映画作品紹介や大友監督の実写作品製作の裏側をかいま見れる展示のほか、映画で実際に使用された衣装や小道具、映像演出などを用いて、映画「蟲師」の美しく深い幻想と神秘の世界を紹介…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

高さ18mの「鉄人28号」

神戸市長田区のJR新長田駅前に、同市出身の漫画家、故横山光輝さんの代表作「鉄人28号」の巨大像が来春にも登場。 長田区を元気づけようと地元商店主らが企画したもので、高さは18m。JR山陽線の車窓から見えるように建てる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏への扉 ―マイクロポップの時代

本展覧会は「マイクロポップ」というコンセプトのもとに15人の日本人作家―タブロー・ドローイングを出品する奈良美智、杉戸洋、落合多武、有馬かおる、青木陵子、タカノ綾、森千裕、國方真秀未、写真作品出品する島袋道浩、野口里佳、インスタレーション作品を出品する半田真規、K.K.、ビデオ作品を出品する田中功起、大木裕之、泉太郎―を集め、彼らの新旧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GUNDAM~来るべき未来のために

アニメ「機動戦士ガンダム」を見て育った世代のキュレーター、アーティスト、クリエーターが同アニメに描かれていた「戦争」、「進化」、「生命」、そして同アニメが巻き起こした「文化現象」をキーワードに、そこに内包されたメッセージを読み解く試み。 京都国際マンガミュージアム http://www.kyotomm.com/ 大好きな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仏漫画祭で最優秀賞を受賞

仏アングレームで開かれた欧州最大規模のマンガの祭典「アングレーム国際バンド・デシネフェスティバル」で、水木しげるさんの「のんのんばあとオレ」(筑摩書房)が、「最優秀コミック賞」を受賞した。 日本の作品が同賞を受賞するのは初めて。「のんのんばあとオレ」は水木さんの自伝的作品。92年にはNHK総合でテレビドラマ化され、文化庁芸術作品賞を受…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more